• 個別指導塾の口コミ比較ランキング
  • 塾に関する情報
  • 高校の合格・偏差値
  • 塾の口コミ ・ 評判
神戸 塾 塾に関する情報 予備校にかかる費用は?!

予備校にかかる費用は?!

希望する大学に受からず、浪人した場合、多くの人は予備校に通います。
では予備校に通った場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
ここでは予備校の緋想の相場についてまとめてみましょう。

予備校の費用ってどれくらいかかるの?!

自宅で受験勉強をすれば費用はかからないものの、浪人生で自宅で独学で勉強するのは非常に大変です。
志望校の対策なども自分でしなければいけないので、なかなか合格するのは大変です。
そこで予備校に通って勉強する浪人生が多いのですが、予備校の費用はそれぞれの予備校によって若干異なります。
また予備校で通うコースによっても費用は違ってきます。
基本的には予備校に入学する時には、入学金が必要になります。
入学金も予備校によって違いますが、7~10万円前後が相場と言えるでしょう。
また授業料は年間で50~70万円前後になります。
この費用の中にテキスト代金なども含まれています。
ただ、夏期講習、冬期講習、模擬試験などは別途追加料金がかかってきますので、トータル的な費用を考えると平均して入学金を入れて40~80万円程度の費用が必要になるでしょう。
講習代、諸経費などを入れて100万円あれば、1年間予備校に通うことができるでしょう。

予備校資金の工面方法

高校時代の塾費用に関してはきちんと蓄えがあったという家庭も多いかもしれませんが、予備校代まで用意していた…という家庭は少ないでしょう。
予定外に浪人生活になってしまった場合、予備校の費用をやりくりする必要が出てしまいます。
大学の授業料が払えなくなってしまっては困るので、教育ローンや親族に援助を依頼するなどしてどうにかお金を工面するようにしましょう。
また奨学金を借りて予備校に通うという人もいます。
奨学金の中には無利息の奨学金もあるので返済に関しても安心できます。

ランキング

勉強サプリ

勉強サプリ

塾のポイント

勉強サプリは飽きさせない為のゲーム感覚で楽しく勉強ができるので、さぼりがちの方やニガテ科目を克服したい方におすすめです。

口コミ評価

お勧めポイントはこれ!!

勉強サプリはリクルートが提供する成績アップのためのコンテンツです。
勉強が苦手な方やさぼりがちの方にも楽しく勉強ができ、実績豊富な先生の授業を自宅でいつでも受けることが可能です。また、すべてのコンテンツが一週間は無料ですので、是非試しに登録をされることをおススメします。

勉強サプリの公式ホームページを見る
>> 勉強サプリの公式ホームページを見る

ページトップへ